キャッシュレス決済

高還元率クレカ|還元率1.2%リクルートカードがおすすめ!ポイント活用法やおトクに貯める方法を解説!

広告

※本ページはプロモーションが含まれています。

リクルートカードは、お得なポイント還元率1.2%が魅力的なクレジットカードです。

楽天カードも改悪となり、還元率が実質1%以下となってしまっているこのご時世に、無条件で還元率1.2%となるためリクルートカードは優秀なクレジットカードです。
リクルートカードならではの使い方を駆使すると、1.2%以上の高還元も期待できます。

ポイントは貯めないと損をするとも言われているほど、如何にして多くのポイントを貯め活用するかが大事となります。

この記事では、高還元率1.2%のリクルートカードの特徴を詳しく解説し、おトクにポイント貯める方法やお得なポイント活用術をご紹介します。

\高還元率1.2%のリクルートカードの入会特典最大6,000ポイント/


還元率1.2%リクルートカードの特徴

リクルートカードは、年会費無料で利用できる高還元率1.2%のクレジットカードです。

高還元率のリクルートカードの基本的な特徴について解説します。

年会費無料で3つのブランドから選べる

ETCカードは年会費無料

家族カードも年会費無料

旅行損害保険とショッピング保険付き

年会費無料で3つのブランドから選べる

リクルートカードは、年会費無料が無料です。

3つのブランドMaster card・Visa・JCBより選ぶことが可能です。

JCBは「タッチ決済」の利用が可能

ETCカードは年会費無料

ETCカードは年会費無料無料で申し込みすることが可能です。

家族カードも同様に、ETCカードの申し込みが可能となります。

年会費は無料で利用できますが、ブランドによっては新規発行手数料が1,100円(税込)発生します。
Master card・Visaは新規発行手数料が1,100円(税込)、JCBは新規発行手数料が無料となります。

ETCの利用で通行料金100円につき1.2ポイントのポイントが貯まり、ETC利用でも1.2%の還元率となります。

リクルートカードのETCカードは年会費無料

家族カードも年会費無料

リクルートカードは、家族カードも発行することができ、年会費無料で利用することができます。

家族カードは、本会員と生計が同一である配偶者・親・子供(高校生除く18歳以上)の方が申し込み可能です。

家族カードは、ポイントがまとめられることや請求が一本化されるので家計管理がしやすいためおすすめです。

家族カードの特徴
■ポイントが本会員と合算される
■利用明細、請求を本会員と合算
■本会員の口座から引き落とし
■JCB 8枚・Master card/Visa 19枚まで家族カード作成可能

旅行損害保険とショッピング保険付き

リクルートカードには、旅行損害保険ショッピング保険がついています。

旅行損害保険は、旅行代金をリクルートカードで支払いすることで、旅行中の病気や怪我の治療などを補償してくれる保険です。

ショッピング保険は、リクルートカードで購入した商品が90日以内に、破損や盗難があった場合に保障してくれる保険です。

万が一何かあったときに助かる保険が付帯しているため安心してリクルートカードを利用することができます。

旅行損害保険
■国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)
■海外旅行:最高2,000蔓延(利用付帯)

ショッピング保険
■保障額:年間200万円

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの特徴

リクルートカードを利用すると、「リクルートポイント」が貯まります。

リクルートポイントの特徴や、リクルートポイントの使い道について解説します。

「Pontaポイント」や「dポイント」に交換可能

電子マネーチャージは30,000円まで1.2%還元

ポイント付与時期は翌月11日

「Pontaポイント」や「dポイント」に交換可能

貯まったリクルートポイントは、様々なリクルートサービスで利用すること以外に、「Pontaポイント」や「dポイント」へ交換することが可能です。

貯まったポイントは、1ポイント=1ポイントで交換可能で、1ポイント=1円で利用可能です。

「Pontaポイント」や「dポイント」へ交換することで、街の加盟店舗でのお買い物に利用することも可能となります。

電子マネーチャージは30,000円まで1.2%還元

リクルートカードは、対象の電子マネーへのチャージでも月間30,000円までは1.2%還元されます。

他社クレジットカードは、電子マネーへのチャージ分に関してはポイント付与対象外となりますが、リクルートカードは30,000円まではポイント付与対象となります。

カードブランド毎に対象の電子マネーが指定されているので、対象外の電子マネーへのチャージはポイント付与対象外となるため注意しましょう。

ポイント付与対象の電子マネー
■Master card・Visa:nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
■JCB:nanaco/モバイルSuica

ポイント付与時期は翌月11日

リクルートカードのポイント付与時期は翌月11日

毎月15日が締め日となり、ポイントの加算日は翌月11日となります。

支払いは毎月15日締めで、翌月10日に引き落としとなります。

おトクなにリクルートポイントを貯める方法

リクルートカードは、様々なリクルートサービスで利用することで、還元率1.2%以上の還元率になります。

リクルートサービスで、還元率1.2%以上となるおトクなポイントの貯め方をご紹介します。

じゃらんnet利用で還元率3.2%

ポンパレモール利用で還元率4.2%

ホットペッパービューティー利用で還元率3.2%

ホットペッパーグルメ利用で予約人数×50ポイント

じゃらんnet利用で還元率3.2%

じゃらんnetで予約・宿泊し、リクルートカードで支払いすると、通常還元率が3.2%となり、最大11.2%還元される場合があります。

じゃらんnetでは、早期予約でポイントアップされていたり、ポイントアップされている宿泊プランがあります。

仮に、10%還元されるプランを利用すれば、最大11.2%還元されることになります。

旅行代金の11.2%還元は、かなりおトクです。
10万円の旅行代金を支払いすると、11,200ポイントが還元されることになります。

よくじゃらんnetを利用する方、よく旅行に行く方は、じゃらんnetでリクルートカードを利用しましょう。

通常プラン
じゃらんnetで予約・宿泊:2% + リクルートカード支払い:1.2% = 3.2%

ポイント10%プラン
じゃらんnetで予約・宿泊:10% + リクルートカード支払い:1.2% = 11.2%

ポンパレモール利用で還元率4.2%

ポンパレモールは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの中で、もっとも安い価格で提供することを保証する商品を販売していたり、幅広い商品を販売している通販サイトです。

ポンパレモールでお買い物すると最低3%還元され、リクルートカードで支払いすることで合計4.2%還元されます。

最大で20%還元される商品もあるため、最大21.2%還元されることも。

ポンパレモールでお買い物:3% + リクルートカード支払い:1.2% = 4.2%

ホットペッパービューティー利用で還元率3.2%

ホットペッパービューティーで予約し来店すると2%還元、リクルートカードで支払いすると合計3.2%還元されます。

ホットペッパービューティーで予約するとおトクなクーポンを利用することもできるため、おトクに利用することができます。

ホットペッパービューティーで予約&来店:2% + リクルートカード支払い:1.2% = 3.2%

ホットペッパーグルメ利用で予約人数×50ポイント

ホットペッパーグルメでお店をネット予約・来店するだけで、予約人数×50ポイントもらえます

10人いれば、10人×50ポイントで500ポイントもらえます。

さらに、お店でのお支払いをリクルートカードで決済すれば1.2%の還元となるため、さらにポイントがもらえます。

リクルートポイント活用術

貯まったリクルートポイントのおすすめの使い道についてご紹介します。

Pontaポイント・dポイントに交換後ローソンで「ポン活」する

Pontaポイントに交換後auPAYにチャージする

dポイント交換後dカードプリペイドにチャージして活用する

Amazonギフト券購入し現金に換金する

Pontaポイント・dポイントに交換後ローソンで「ポン活」する

リクルートポイントを「Pontaポイント」もしくは「dポイント」に交換することで、ローソンでおトクに活用することができます。

ローソンでは、お試し引換券を定期的に発行しており、「Pontaポイント」「dポイント」と商品を交換することができます。
ポイント活用ユーザーからは、「ポン活」と呼ばれています。

お試し引換券で交換できる商品は、半額~3分の1程度の値段で交換することが可能です。

例えば、通常価格451円のマカロンが、220ポイントで交換できるため半額以下で購入できるということになります。
交換したい商品があれば、ローソンアプリから予約、もしくはローソン店内のLoppi(ロッピー)で発券します。

Pontaポイント・dポイントに交換後ローソンで「ポン活」する

同じ商品は1日1個まで交換可能です。

参考Pontaポイント貯め方|効率よく貯める方法やポイント付与率などPontaポイントの注意すべき点について解説!

続きを見る

Pontaポイントに交換後auPAYにチャージする

リクルートポイントを「Pontaポイント」に交換することで、auPAYにチャージしてauPAY決済で利用することが可能です。

auPAYは、コンビニはもちろんスーパーやドラッグストアなど多くの店舗で利用可能なスマホ決済です。
auPAYにチャージすることで、普段のお買い物に利用できるため家計の足しにすることも。

au PAYの使えるお店|au PAYでスマホでお得にお買い物 (auone.jp)

dポイント交換後dカードプリペイドにチャージして活用する

リクルートポイントを「dポイント」に交換し、dカードプリペイドにチャージして活用すること可能です。

dカードプリペイドカードは、全国のiD加盟店やMaster card加盟店で利用することができます。
Amazonや楽天市場などのネットショッピングでも利用することが可能になります。

dカードプリペイドは申し込みから約1週間程度で自宅に届きます

「dポイント」は、「dポイント加盟店」または「d払い加盟店」でお買い物時に利用することも可能です。

【dポイントクラブ】dポイントがたまる・つかえるお店 (docomo.ne.jp)

Amazonギフト券購入し現金に換金する

dカードプリペイドカードに「dポイント」をチャージして、AmazonでAmazonギフト券を購入し、金券ショップで現金化する方法も可能です。

Amazonギフト券購入手順
①Amazonで「Amazonギフト券」を購入する
 ※グリーティングカードタイプ・ボックスタイプ・封筒タイプのいずれかのギフト券を購入する
②決済方法はクレジットカードを選択し「dカードプリペイドカード」で支払う
③Amazonギフト券が到着後に金券ショップで換金する

Amazonのギフト券には様々な種類があり、Eメールタイプ・印刷タイプを選択してしまうと「デジタルギフトカード」となるため換金することはできません。
Amazonギフト券を購入する際は注意が必要です。

まとめ

高還元率のクレジットカード「リクルートカード」の特徴、貯まったリクルートポイントの活用術について解説しました。

リクルートカードは、1.2%と高還元率のクレジットカードです。

他社クレジットカードは還元率0.5%~1%が多く、無条件で1.2%の還元率があるクレジットカードはなかなかありません。

貯まったポイントも「Pontaポイント」や「dポイント」に交換することで、活用方法も広がりおトクに利用することができるためおすすめできるクレジットカードです。

\高還元率1.2%のリクルートカードの入会特典最大6,000ポイント/

-キャッシュレス決済