通信料

【他社OK】親が他社・格安スマホならmamorino(マモリーノ)のGPSを活用すべし・auキッズ携帯mamorino(マモリーノ)料金や仕様内容・おすすめ内容を紹介!

広告

お子様が小学生になったタイミングで、子供の安全の為に携帯電話を持たせること家庭も多いですよね。

しかし、キッズ携帯は「親も同じキャリアを利用していないと契約できない」「親が他社だとGPS検索できない」と思っている方も多く、キッズ携帯を利用するために、au・ドコモ・ソフトバンクを契約している方もいらっしゃるのでは?

auのキッズ携帯mamorino(マモリーノ)は、親が他社・格安スマホを利用していても、GPS検索などを利用することが可能です。


格安スマホが普及し、au・ドコモ・ソフトバンク以外のキャリアを選択することができるので、料金の安いキャリアを利用したいですよね。

筆者の子供も小学生になったタイミングで 「mamorino5」 を持たせましたが、私が他社を利用していてもGPS検索で子供の位置情報を確認できています。

そこで、この記事では、保護者がauユーザー以外でもmamorino(マモリーノ)を活用できる方法や使える機能についてご紹介します。

参考auキッズ携帯マモリーノ(mamorino)本体一括1円で購入できる?マモリーノ6とマモリーノ5どっちを購入すべき?

続きを見る

参考【爆安】月額290円の格安SIMは子供のスマホにおすすめ!キッズ携帯よりも安くスマホが利用できる日本通信SIMとは?

続きを見る


親が他社ならmamorino(マモリーノ)の居場所通知を活用する

auのキッズ携帯mamorino(マモリーノ)を持たせる場合の目的は、連絡が取れることはもちろん、お子様の居場所をGPSで確認できることですよね。

mamorino(マモリーノ)を契約するときに、GPS検索のツールとして店員さんに紹介されるのが「安心ナビ330円/月」というアプリです。

しかし、「安心ナビ330円/月」は、保護者が他社を利用している場合、お子様(探される側)の利用端末によって「安心ナビ」を利用することができないため、あまりおすすめできません。

保護者(探す側)が他社でも「安心ナビ」を利用できる場合

<お子様(探される側)の機種>
■miraie/miraie f
→UQモバイルをご利用中の方、au ID(任意型)をお持ちの方のみ、「安心ナビ」利用可能
※au IDにクレジットカード情報の登録が必要

■Androidスマートフォン(miraie・miraie f 除く)/4Gケータイ
→保護者のau IDにクレジットカード情報のご登録があれば「安心ナビ」利用可能

■iPhone、mamorino Watch、mamorinoシリーズ、3Gケータイ
→「安心ナビ」ご利用不可
  保護者(探す側)が、povo2.0契約・UQ契約の携帯電話番号・他社携帯電話番号の場合、パートナー登録ができないため利用不可


親が他社を利用している場合は、「安心ナビ」ではなく「居場所通知」という機能でGPS検索が可能になります。

「居場所通知」は月額料金無料で利用できるので、親がauを利用していて、ランニングコストを抑えたい方は「居場所通知」の利用がおすすめです。

「居場所通知」の利用方法は、SMSで特定の文字を入力して送信するだけです。

SMS送信にかかる費用は、一般的には送信に3.3円/通発生しますが、契約しているキャリアやプランによって違う場合がありますので事前に確認してくださいね。

GPSの現在地を返信するために、mamorino(マモリーノ)側でも、SMS送信料3.3円/通が発生します。

>>位置情報検索方法
・SMSショートメッセージで本文に「居場所通知」と入力し送信する
・1分程度で折り返し位置情報URLが返信される

>>連続位置情報検索方法
・SMSショートメッセージで本文に5分毎なら「連続居場所通知5分」と入力し送信する
・5分毎、10分毎に位置情報URLが返信される
・位置情報検索を終了する場合は本文に「連続居場所通知停止」と入力する

※停止操作をしない場合でも、1時間で位置情報URL返信は停止されます

参考mamorino(マモリーノ)povoでGPS検索・居場所通知は使える?povoの0円運用でmamorinoを利用する注意点を解説

続きを見る

参考【他社OK】親が他社ならマモリーノ「居場所通知」でGPS検索がおすすめ|他社でもGPS検索が利用できるキッズ携帯はどれ?

続きを見る

親が他社・格安スマホでも使えるmamorino(マモリーノ)の機能

スマホが安く利用できる格安スマホが主流となり、au・ドコモ・ソフトバンク以外の他社・格安スマホを利用している方も多くおられると思います。

親もauを利用していることを想定して、mamorino(マモリーノ)が作られているため、親が他社を利用している場合、mamorino(マモリーノ)の全ての機能が使えるわけではありませんが、基本的には「安心ナビ」以外の機能は利用可能と考えて大丈夫です。

安心ナビの機能は代用できる?

安心ナビには7つの機能があり、その機能はmamorino(マモリーノ)本体の機能で補える部分があるため、どの機能が使いたいかによって安心ナビが必要か必要ではないか分かれます。

以下のようにmamorino(マモリーノ)にほぼ同じ機能がついているため、安心ナビを利用しなくても、一部代用が可能となります。

「いますぐサーチ」→「居場所通知」で代用可能
GPS検索で位置情報の確認ができる

「みまもりサーチ」→「連続居場所通知」で代用可能
GPS検索で移動した経路の確認ができる

「みつけてサーチ」→代用不可
電源が入っていない時や電波が届かない時にGPS検索ができる

「エリアでお知らせ」→代用不可
事前に設定したエリアへ出入りしたときに自動で位置情報お知らせてくれる

「タイマーでお知らせ」→「居場所通知」で代用可能※タイマー機能なし
事前に設定した時間に位置情報をお知らせしてくれる

「電池残量でお知らせ」→「電池残量通知」で代用可能※残量の通知のみ
電池残量が一定を下回ったタイミングで通知と位置情報をお知らせしてくれる

「居場所お知らせメール」→防犯ブザー機能で代用可能
自分から居場所を知らせたい時に自分から位置情報を送信できる

参考auキッズ携帯mamorino6(マモリーノ6)比較!mamorino5と料金やスペックの違いを解説!どっちがおすすめ?

続きを見る

親が他社・格安スマホでもキッズ携帯は契約可能!

キッズ携帯を販売しているキャリアは、3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクのみです。

親も同じキャリアでなければ、キッズ携帯を契約することはできませんでしたが、現在では保護者が他社を利用していてもauとsoftbankはキッズ携帯の契約が可能です。

docomoは親がdocomo利用中でないと契約することができません。
※2021年9月29日現在、docomoでもキッズケータイの単独契約が可能となりました。しかし、GPS検索「イマドコサーチ」を利用するには保護者がdocomoでなければ利用できません。

ソフトバンクのキッズ携帯は、親がソフトバンク・ワイモバイルならGPS検索「位置ナビ」の利用が可能です。

参考親が乗り換えたらキッズ携帯は使える?GPS検索可否や注意点を解説!他社・格安SIMに乗り換たらキッズ携帯はどうする?

続きを見る

参考親が他社・格安スマホでもキッズ携帯は契約できる?GPS検索は可能?GPS検索できるキッズ携帯はどれ?

続きを見る

mamorino5(マモリーノ)の特徴

mamorino(マモリーノ)は、親が他社でも、ほとんどの機能を利用することができます。

利用できない機能としては、「安心ナビ330円/月」というGPS検索アプリぐらいです


安心ナビの機能の中には、mamorino(マモリーノ)の機能とほぼ同じような機能もあり、安心ナビが使えなくてもmamorino(マモリーノ)の機能だけで十分活用できるのではないかと思います。

mamorino5(マモリーノ)のスペック

・アドレス帳登録件数50件 ※アドレス帳に登録していない番号へは発着信不可
・防水IPX5/IPX8・防塵IP5X 
・防犯ブザー
・GPS
・緊急速報メール
・SMS(Cメール)
・ココセコム対応

参考元:mamorino5(マモリーノ ファイブ) | ケータイ | au

1.防犯ブザー

mamorino(マモリーノ)の防犯ブザーが鳴った際に、登録している緊急連絡先へ自動的に発信したり、GPS位置情報を送信し居場所を通知してくれるなどを設定することができます。


また、ココセコムへの通報サービスも利用するかどうかを設定できます。

防犯ブザーが鳴ると自動的にセコムへ通報され、mamorino(マモリーノ)や保護者への電話連絡、必要に応じて現場への急行サービスも行ってくれます。ただし、ココセコムを利用するには別途契約と、ココセコム利用時には別途料金が発生します。

防犯ブザーがなった時にできる設定

1.緊急連絡先へ自動発信+位置情報をSMS送信
2.緊急連絡先へ位置情報をSMS送信
3.ココセコムへ通報
4.通知や通報なし(防犯ブザーが鳴るのみ)

2.居場所通知

居場所通知」は親が他社・格安スマホを利用していても使える機能です。

親がauを利用していなくても他社・格安スマホ
回線からでも、お子様の位置情報の検索が可能となります。

お子様の位置情報を確認したい場合は、緊急連絡先として登録している保護者の携帯電話から「居場所通知」を利用して、現在の位置情報を確認することができます。

また、お子様の足取りが気になる場合は、5分毎、10分毎に連続して位置情報を確認できる「連続居場所通知」を利用することも可能です。

検索方法はとても簡単で、緊急連絡先に登録している電話番号からSMSで定型文を送信するだけです。

>>位置情報検索方法
・緊急連絡先に登録されている電話番号からSMS本文に「居場所通知」と入力し送信する
・位置情報URLが返信される

>>連続位置情報検索方法
・ 緊急連絡先に登録されている電話番号からSMS本文に「連続居場所通知5分」 「連続居場所通知10分」と入力し送信する
・5分毎、10分毎に位置情報URLが返信される
・位置情報検索を終了する場合は本文に「連続居場所通知停止」と入力し送信する
 ※停止操作をしない場合でも、1時間で位置情報URLは停止されます。

3.おうちだよ通知

お子様が自宅に帰宅した際に、自宅のWi-Fiのアクセスポイントを検知したタイミングで、緊急連絡先に登録した1件目の電話番号にメッセージを送信する設定ができます。

外出先からでもお子様の在宅が確認できる機能です。事前にWi-Fiのアクセスポイントを設定する必要があります。

4.安心ナビ(有料) ※親がauを利用している場合

保護者の方がauユーザーの場合、月額330円(税込み)で利用できるサービスで、auスマートパスプレミアム/auスマートパスに加入されている場合は月額無料で利用可能です。

安心ナビには7つの機能があります。

安心ナビの7つの機能

「いますぐサーチ」居場所を検索することができる

「みまもりサーチ」お子様の移動した経路を確認することができる

「みつけてサーチ」電源が入っていない時や電波の届かないときに居場所検索できる

「エリアでお知らせ」事前に設定したエリアへ出入りしたときに自動で居場所を知らせてくれる

「タイマーでお知らせ」事前に設定した時間に居場所を知らせてくれる

「電源残量でお知らせ」電池残量が一定を下回ったタイミングで通知と居場所を知らせてくれる

「居場所お知らせメール」自分から居場所を知らせたいときに自分の居場所を送信する

参考親がau以外の他社・格安スマホでも「安心ナビ」が利用できる条件とは?親が他社ならキッズ携帯mamorinoのGPSがおすすめ

続きを見る

5.mamorino(マモリーノ)その他の便利な機能

「出かけるよアラーム」

習い事や塾に行く時間を予め設定しておくと、出発時間が近いことを通知してくれます。10分/30分/60分前に通知設定ができます。

「出ないときガイド」

お子様が電話に出ない時に、保護者の方宛に自動でSMSが送信されます。その内容に従って、「居場所通知」や「着信自動応答」を選択することができます。

「着信自動応答」

お子様が着信に気づかない時などに、自動的に電話が繋がる設定にすることができます。あらかじめ設定しておくこともできますが、保護者側からも定型文をSMSで送信することで設定することができます。(設定方法)緊急連絡先に登録している電話番号からSMS本文に「自動応答オン」と入力して送信します。

「電池残量通知」

電池残量が少なくなると、自動で保護者へメールでお知らせしてくれます。マナーモード時以外であれば、マモリーノが音声でお知らせします。

mamorino(マモリーノ)料金プラン

プラン加入時点で利用者が小学生以下で、「mamorino5」「mamorino6」を利用する場合は、月額550円(税込)で利用することができます。

「auPAYカードお支払い割」の適用で550円/月となるため、適用されない場合は737円/月となります。

ジュニアケータイプラン月額基本料金「auPAYカードお支払い割」適用 550円/月(税込) 
           「auPAYカードお支払い割」適用なし737円/月(税込)
通話料金 22円(税込)/30秒
※同一家族割グループの相手への通話は無料
国内SMS料金 送信:3.3円(税込)/通
受信:無料
※同一家族割グループの相手へのSMSは無料

実際のmamorino(マモリーノ)利用料金

保護者の方がauではなく、他社・格安スマホを利用している場合でも、mamorino(マモリーノ)を利用することは可能です。

気になるのが、実際の毎月の料金がどのぐらいになるかという点ですよね。

親がauを利用していれば、「家族割」で家族間通話やSMS送信料が無料となりますが、他社・格安スマホを利用している場合は、通話料金もSMS送信料も有料となります。

筆者は、楽天モバイルとmamorino(マモリーノ)の組み合わせで利用しているので、通話料金やSMS送信料は有料なので、料金を安くするために、mamorino(マモリーノ)からの着信には出ず、楽天モバイルから折り返し電話をかけるようにしています。

mamorino(マモリーノ)からの電話に出てしまうと、通話料金が発生してしまうため、電話には出ずかけ直します。

楽天モバイルは「Rakuten Linkアプリ」の利用で通話料金は無料なので、通話料金が有料となる面はカバーできています。

料金を安く抑えるための工夫をしても、基本料金のみというわけにはいきません。

GPS検索をするための「居場所通知」を利用すると、SMS料金が発生するので、SMS送信料は必ず発生してしまいます。

そこで、実際にauから請求されたmamorino(マモリーノ)の料金明細をご紹介します。

基本料金ジュニアケータイプランN500
通話料100
SMS送信料204
ユニバーサルサービス料3
電話リレーサービス1
消費税80
合計金額888円

通話料に関しては、祖父母へ電話をかけたりすることがあるので、通話料が発生している月もあります。

SMS送信料が204円かかっていますが、ほぼ「居場所通知」で位置情報を送信した分だと思われます。

SMS送信料が1通3.3円なので、61回送信していることになりますが、毎日「居場所通知」を利用しているわけではなく、防犯ブザーを引っ張ってしまったときに送信される、位置情報のメールの分も含まれています。

ランドセルにマモリーノを装着しているため、誤って防犯ブザーを引っ張ってしまうようで、毎日のように位置情報のメールが送られてくることもあります。

親ががauで同一の家族割グループに加入していれば、SMS送信料は無料で済みます。

mamorino(マモリーノ)の毎月の請求額は600円~800円前後ですが、楽天モバイルの月々の料金も安いので満足できる料金です。

参考事務手数料一覧|au・ドコモ・ソフトバンク契約事務手数料値上げ!大手4キャリアの各種事務手数料一覧

続きを見る

まとめ

親が他社でキッズ携帯を持たせたいと考えている方には、auの「mamorino6・mamorino5」がおすすめです。

親が他社・格安スマホでもGPS検索が利用でき、キッズ携帯の機能も十分活用できます。


小学校高学年や中学生になると、スマートフォンを持たせるご家庭も多くなりますが、2024年1月時点ではキッズスマホは販売されていません。

iPhoneやAndroid端末でも子供向けにフィルタリング設定や機能設定が自由にできるようになり、アプリで位置情報を確認することが可能なため、キッズスマホは販売されなくなりました。

安い料金で利用できる格安SIMキャリアが普及したことで、小学生でもキッズ携帯よりもスマホを持っている子供が増えていますね。

利用方法や子供に携帯を持たせる意味を考えた上で、子供にスマホを持たせるのか、キッズ携帯を持たせるのかを検討することをおすすめします。


「au・ドコモ・ソフトバンク以外のキャリアを利用しているからキッズ携帯は諦めてスマホを持たせる」
と考えておられる方は、我が家のように親が他社でもauのキッズ携帯mamorino(マモリーノ)を利用する方法もありますので、ぜひ参考までに。

参考ファミリーリンク端末が複数表示されている場合の対処法!機種変更後スマホが複数表示されている場合の旧端末削除方法!

続きを見る

特典豊富で元が取れる auスマートパスプレミアム

月額548円で「安心ナビ」が無料で利用でき、おトクなクーポンが毎月もらえる

※本ページはプロモーションが含まれています

-通信料
-, ,