通信料

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のメリットとデメリット|月額料金やおトクに申込む方法を紹介!ホームルーターの使いやすさと注意すべきこと

広告

ホームルーターであるSoftBank Airは、工事不要でコンセントにさすだけでWi-Fi環境が作れると、手軽さから人気のあるデバイスです。
現代の生活においてWi-Fi環境は必要不可欠なものとなっています。

ホームルータは、手軽さ・使いやすさゆえのメリット・デメリットがあります。

そこで、本記事では、3つの主要なホームルーターブランドを比較し、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。
また、ホームルーターを選ぶ際に注意すべきポイントやおすすめの選択肢もご紹介します。

\最大40,000円キャッシュバックがもらえる/

※本ページはプロモーションが含まれています


SoftBank Air(ソフトバンクエアー)料金

内訳SoftBank Air料金
基本料金Air 4G/5G共通プラン5,368円
Airターミナル分割支払い金(36回払い)支払総額71,280円1,980円
月月割(Airターミナル5)※36ヶ月間割引▲1,980円
SoftBank Airハッピープライスキャンペーン※12ヶ月間割引▲2,090円
初月2~12ヶ月目13ヶ月目以降
6,578円※事務手数料3,300円込み3,278円5,368円
SoftBank Air 料金シミュレーション | インターネット・固定電話 | ソフトバンク



SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の基本料金は5,368円/月で、「SoftBank Airハッピープライスキャンペーン」が12ヶ月間適用されるため毎月2,090円割引されます。よって12ヶ月目までは3,278円の料金で利用することができます。

事務手数料と本体価格

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)を契約する際には、契約事務手数料が別途3,300円必要となります。
初月の料金と合算で請求されます。

また、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の本体は購入する必要がありますが、キャンペーンで実質無料となります。
本体価格71,280円を36回分割で1,980円/月、そこに月月割1,980円/月の割引が入るため実質無料となります。

分割支払い途中で解約してしまうと、月月割も終了してしまい残債分の支払いが必要となり、実質無料とはならないので注意が必要です。

契約期間や違約金不要

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は、契約期間の縛りや解約における違約金は不要です。

しかし、本体価格を分割で購入している場合は、月月割は終了となり分割金の支払いをしなくてはならないため注意が必要です。

SoftBank Air3つのメリット

SoftBank Airのメリットセットアップの容易さとワイヤレス接続の利便性により、手間をかけずにインターネット環境が作れることも魅力のひとつです。

メリット①工事不要で利用できる

SoftBank Airの最大のメリットは、工事不要でインターネット環境を作れるということです。

SoftBank Airのセットアップは、コンセントにさすだけです。

また、光回線は申し込みから工事までの期間が長く利用できるまでに日数がかかり、自宅に回線を引き込む工事が必要となります。
その点、SoftBank Airは端末到着後にコンセントにさすだけで利用可能です。

スマートフォンやタブレットなどのデバイスを接続させる際は、SSIDと暗号キーを入力するだけでWi-Fi接続完了です。
特別な技術や専門知識は必要ないため、誰でも簡単に設置することができます。

メリット②設置場所を選ばなくてよい

ホームルーターは、光回線の設置するときのようなケーブルや配線は一切不要です。
これにより、部屋のレイアウトやデバイスの配置に制約を受けることなく、好きな場所に設置したり移動することができます。

メリット③SoftBank・Y!mobileと「おうち割 光セット」が適用できる

SoftBank(ソフトバンク)・Y!mobile(ワイモバイル)のスマートフォンを利用している場合、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)とのセット割「おうち割 光セット」が適用することができます。

SoftBank 「おうち割 光セット」対象料金サービス割引額
データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット+
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター1,100円
データ定額 50GB/20GB/5GB1,100円
データ定額(おてがるプラン専用)/データ定額ミニ 2GB・1GB/データ定額(3Gケータイ)550円
パケットし放題フラット for 4G LTE/パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット/4Gデータし放題フラット+
1,100円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE/(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円
おうち割 光セット | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク (softbank.jp)

ワイモバイルは、「おうち割 光セット(A)」が適用されると基本料金から一律1,188円割引されます。

ですが、「家族割引サービス」との併用はできないため、すでに「家族割引サービス」が適用されている方は「おうち割 光セット(A)」の割引を適用させることができず、主回線の方のみ割引適用となります。

SoftBank Air2つのデメリット

工事不要で設置できるSoftBank Airですが、デメリットもあります。
SoftBank Air以外のホームルーターにもいえることですが、提供される速度と速度制限が存在することに注意が必要です。

デメリット①通信速度

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

SoftBank Air(自宅・家庭用Wi-Fi)料金・割引 | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

SoftBank Airや他社ホームルーターの速度は、回線事業者から提供される電波によって速度が異なります。
ホームルーターは、スマートフォン同様にモバイル回線の電波を使用しているため、建物や障害物の影響を受けてしまうことで回線速度が遅くなることがあります。

ホームルーターは基地局からの電波を受け取り、Wi-Fiとして複数のデバイスに分配します。
要するに、受け取る電波次第で速度が遅くなり、ホームルーターを介して接続されるデバイスの速度も遅くなってしまうことです。

光回線は自宅までケーブルを用いて引き込んでいるため安定した速度で利用することができますが、ホームルーターは電波環境や回線事業者が提供する速度に左右されてしまうということです。

利用する場所によっては、電波の入りにくい場合は、ホームルーターを設置しても利用することができないので注意が必要です。

デメリット②速度制限

SoftBank Airや他社ホームルーターは、高速な光ファイバーやギガビット接続をしていないため、速度制限がかかる場合があります。

大容量のデータ通信を必要とすること(例:4Kストリーミング、オンラインゲーム、大容量ファイルのダウンロード)を行う場合、速度制限がかかってしまう可能性があります。

どのキャリアでも無制限プランが用意されており、データを無制限で利用できるといわれていますが、各キャリアともデータ制限をする可能性があると注釈をいれています。

キャリア注釈
SoftBank Air(ソフトバンク)ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
home 5G(ドコモ)当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。
一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
auホームルーター5G(au)一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
Rakuten Turbo(楽天)公平なサービス提供のため速度制限の場合あります。
WiMAX(UQWiMAX)一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

ホームルーターの役割と重要性の説明

ホームルーターは、工事不要でその日のうちにWi-Fi環境が作れるデバイスであり、家庭や小規模オフィスなどで広く利用されています。

ホームルーターの主な役割は、基地局からの電波をひろって複数のデバイスにインターネット接続をすることです。
スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビなど、さまざまなデバイスがインターネットへの接続が当たり前の時代です。
ホームルーターは、これらのデバイスを同時に接続し利用することができます。

また、ホームルーターはワイヤレス接続を提供するためのケーブルや配線の接続などは不要です。
これにより、部屋やフロアを問わずコンセントにさすだけでインターネットに接続することができるため、利便性が向上します。

ホームルーターの重要性は、現代のライフスタイルに欠かせないものと言えます。
インターネットは情報の共有やコミュニケーションの手段として不可欠であり、オンラインショッピングやエンターテイメントなど、様々な活動に欠かせません。

現代のライフスタイルにおいては、Wi-Fi環境は必要不可欠であり、手軽に設置できるホームルーターの役割と重要性はますます高まっています。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)はキャッシュバックがある窓口から申し込む

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)を契約する際、ソフトバンクショップやソフトバンクのオンラインショップで購入しようと考えていませんか?

それ、実は損してしまう可能性があります。

SoftBank (ソフトバンクエアー)の販売は、インターネット回線を取扱う代理店でも販売しており、代理店で契約する方がキャッシュバックなどの特典がついているためおトクに契約することができます。

最大40,000円キャッシュバックの「GMOトクトクBB」がおトク

「GMOトクトクBB」からSoftBank Airに申し込みすると、今なら最大40,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

月々の料金は同じなのに、最大40,000円のキャッシュバックを受け取ることができるなんてかなりおトクです。

キャッシュバックの受け取り時期も、SoftBank Air開通月の翌々月の末頃にメールでお知らせされます。

\最大40,000円キャッシュバックがもらえる/

※本ページはプロモーションが含まれています

月額料金で決める|スマホとの割引なども考慮す

電波状況に問題がなければ、月額料金の安さで決めましょう。

ホームルーターを利用する際は、ホームルーターの本体を購入するかレンタルするかに分かれています。

提供しているキャリアによって、本体価格やレンタル料金も異なります。
また、キャンペーンで本体価格が実質無料で利用できる場合があるため、おトクなキャリアのホームルーターを選択するのがベストです。

SoftBank Air(ソフトバンク)home 5G(ドコモ)auホームルーター5G(au)Rakuten Turbo(楽天)WiMAX(UQWiMAX)
端末AirターミナルHR02Speed Wi-Fi HOME 5G L13Rakuten Turbo 5GSpeed Wi-Fi HOME 5G L13
月額基本料金12ヶ月間3,278円-3,278円1,980円4,268円
月額基本料金13ヶ月目以降5,368円4,950円5,170円4,840円4,950円
契約事務手数料3,300円3,850円3,850円3,300円3,300円
下り最大速度2.1Gbps4.2Gbps2.7Gbps2.1Gbps4.2Gbps
※2023年7月時点料金 販売店により月額料金が変動する場合あり

また、スマートフォンの料金を割引するセット割などの適用となるホームルーターもあります。
au・ドコモ・ソフトバンク・UQmobile・Y!mobileは、それぞれのキャリアのホームルーターを契約することで、スマートフォンの月額料金が割引となるプランや契約があります。

上記キャリアを利用している場合は、自分の利用しているプランで割引されるか確認してみましょう。

まとめ

SoftBank Airについてご紹介しました。

SoftBank Airは、面倒な工事不要でコンセントにさすだけでWi-Fi環境を作ることができるため人気の高い商品です。
スマートフォンを持っているから不要だと思われる方もいますが、スマートフォンのアップデートやデータ移行にWi-Fi環境は必須です。

また、オンラインゲームやオンライン学習などでも多くのデータ容量を消費するため、Wi-Fi環境が必要です。

面倒な工事不要でコンセントがあればどこにでもおけるSoftBank Airは、「GMOトクトクBB」からの申し込みがおすすめです。
「GMOトクトクBB」からSoftBank Airを申し込みすると、今なら最大40,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

\最大40,000円キャッシュバックがもらえる/

※本ページはプロモーションが含まれています

-通信料