キャッシュレス決済

Tポイント終了!Vポイント統合で何がどう変わる?貯めたポイントやウエル活はどうなる?新Vポイントについて解説!

広告

「Vポイント」と「Tポイント」が2024年4月22日に統合さました。

「Tポイント」と「Vポイント」が統合されることで、今まで貯めたポイントや今後のポイントの扱いに関してどのように変わるのか気になりますよね。

「Tポイント」と「Vポイント」が統合し、新Vポイントになり、何がどう変わるのか、ウエル活はどうなるのか、について解説します。


TポイントとVポイント統合で「新Vポイント」誕生

三井住友カード(NL)を利用することで貯まる「Vポイント」と、提携先で貯まる「Tポイント」が2024年4月22日に統合しました。

新「Vポイント」としてサービスが開始されます。

三井住友カード会員約5200万人とTカード会員約7000万人もの会員数であり、合わせると1億2200万人もの国内最大数の会員数となります。

VポイントとTポイントが統合することによって「Tポイント」という名前は廃止されますが、Tポイントのカラーを残した「Vポイント」という名前で今後展開されていきます。

新Vポイントはスマホのタッチ決済で最大7%還元

引用元:対象のコンビニ・飲食店で最大7%還元!|クレジットカードの三井住友VISAカード (smbc-card.com)

三井住友カードは、対象の店舗でVisaのタッチ決済・Mastercardのタッチ決済で支払うと「Vポイント」が最大7%還元される優秀なカードです。

スマホのタッチ決済で200円(税込)毎に最大7%還元クレジットカードのタッチ決済なら200円(税込)毎に最大5%還元となるため、対象店舗をよく利用する場合は、三井住友カードを利用するとおトクになります。

三井住友カードは、毎月の利用金額の合計金額の200円(税込)毎に、1ポイント貯まる仕組みで、還元率が0.5%となります。

三井住友カードよりも還元率の良いクレジットカードを保有している場合は、対象店舗は三井住友カードを利用するなどし、使い分けると効率よくポイントを貯めることが可能になります。

・スマホのタッチ決済:7%還元
・カードのタッチ決済:5%還元

TポイントとVポイント統合でどう変わる?

TポイントとVポイントが統合し、新「Vポイント」となった際、ポイントの扱いに関してどう変わっていくのでしょうか。

新Vポイントに関して気になる点について解説します。

新Vポイントはどこで貯まる?

これまで通り利用していた加盟店には大きな変更はなく、全国のTポイント提携先世界中のVISA加盟店「新Vポイント」が貯まります。

2024年4月22日からは、新たに、すき家・なか卯・はま寿司・ココスなどの有名店も加盟店として加わります。

世界中のVISA加盟店でもポイントが貯まるようになり、加盟店でポイントカード提示+三井住友カード支払いすると「新Vポイント」がダブルで貯まります。

「Tポイント」ユーザーで今まで以上に「新Vポイント」を貯めたい場合は、三井住友カードを併用して利用することがポイントアップの鍵となります。

現在利用している「Tポイント」や「Tカード」はそのまま利用することが可能

新Vポイントはどこで使える?

全国のTポイント提携先と世界中のVISA加盟店で、新Vポイントを利用することができます。

今まで通り、1ポイント=1円で利用することが可能です。

今まで以上にポイントが使える場所が増え、さらには加盟店が増えるため、今までよりもポイントが貯めやすく使いやすくなることも期待できます。

参考ダブルで貯まる!WAON POINTのウエルシアメンバー登録は店頭登録のみ!Tポイント(Vポイント)とWAON POINTの多重取り方法

続きを見る

Tポイントを利用していた人はどうなる?

Tポイントを利用していた場合は、統合後は名称が「Tポイント」から「Vポイント」へ変わるだけ移行手続きなどは必要ありません。

既に利用している「Tポイントカード」や「モバイルTカード」もそのまま利用することができます。

TポイントとVポイント両方利用している人はどうなる?

既に「Tポイント」と「Vポイント」の両方を利用している方は、ID連携することでポイントを合算することができます。

例えば、「Tポイント」と「Vポイント」がそれぞれ1000ポイントずつ貯まっていた場合、合算することで新Vポイントが2000ポイントとなります。

ID連携|クレジットカードの三井住友VISAカード (smbc-card.com)

統合後の新Vポイントの有効期限は?

「Tポイント」と「Vポイント」が統合された、新Vポイントでの有効期限は、Tポイントの有効期限に統一されます。

Tポイントの有効期限は、ポイントの最終変動日から1年間となるため、新Vポイントでもこのルールが適用されます。

ポイントを貯める・使う・交換する、のいずれかを行えば、1年間はポイントが失効することはありません。

Vポイントから他社ポイントへの移行は終了?

現在のVポイントは、貯まったポイントを他社ポイントへ移行することができます。

1ポイント=0.8ポイントとして他社ポイントへ交換することが可能です。

他社ポイントへ交換する場合は、還元率が低くなってしまいますが、移行することによってポイント利用の幅が広がることが利点でした。

今後、Tポイントと統合し新たな新Vポイントとなると、一部他社へのポイント交換が終了してしまいます。

他社ポイントへ移行を検討されている方は、終了日前までに移行を完了させておくほうがよいでしょう。

引用元:「Vポイント」リニューアルおよびサービス改定のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード (smbc-card.com)

ウエルシアのお客様感謝デー「ウエル活」は2024年8月まで利用可能

ウエルシア薬局では、「Tポイント」加盟店であり、2023年春からは「WAON POIN」も貯まりダブルででポイントが貯められると話題となりました。

ウエルシアの1番のイベントは、毎月20日の「お客様感謝デー」いわゆる「ウエル活」です。

「Tポイント」か「WAON POIN」のどちらかを200ポイント以上利用すると、1.5倍の価値としてポイント利用できる日です。

今後「Tポイント」と「Vポイント」が統合し、新Vポイントとなった場合でも、ウエルシアのお客様感謝デー「ウエル活」は2024年8月までは継続して利用可能です。

2024年5月以降から「WAON POINT」を中心としたサービスに変更となり、新Vポイントのポイント付与率が1%から0.5%へと減額されてしまいます。

さらに、毎月20日の「お客様感謝デー」ウエル活では、「WAON POINT」の利用のみに限定されてしまうため、2024年9月以降は「新Vポイント」をウエル活で利用することができなくなります。

詳しい詳細は以下の記事で解説しています。

参考ウエルシアTポイント終了で改悪に?Tポイント終了でウエル活どうなる?今後Vポイント(Tポイント)はどうなるの?

続きを見る

参考【最新版】Tポイント終了後ウエル活どうなる?Tポイント(Vポイント)改悪でも相互交換でWAON POINTでウエル活継続!

続きを見る

参考ウエル活やり方|WAON POINTとVポイント(Tポイント)が多重取りで貯まるお得な方法を解説!相互交換でポイント集約が基本!

続きを見る

今後どうなる?現時点での疑問点

「Vポイント」と「Tポイント」が新たに統合し、青と黄色の新Vポイントが2024年4月22日から開始されています。

まだ正式に発表されていない気になる点について、今後どうなるのか気になります。

「Tポイント」が貯まるクレジットカードは継続?

「Tポイント」が貯まるクレジットカードは、今後どうなるのでしょうか。

TカードPrimeやTカードプラスPREMIUMなどのクレジットカードは、100円(税込)につき1ポイントの還元率で、Tポイントユーザーにとっては必須のクレジットカードです。

今後「Tポイント」と「Vポイント」が統合し「新Vポイント」になると、「Tカード」はそのまま利用できるとアナウンスがありましたがクレジットカードについてはアナウンスされていません。

可能性として考えられるとすれば、三井住友カードに移行されてしまったり、Tポイント付帯のクレジットカードが廃止されてしまうことが考えられます。

「Yahoo!JAPANカード」はTポイントとの提携が終了したタイミングで「PayPayカード」に移行された過去があります。


TカードPrimeは、日曜日に利用すると還元率が1.5%になるため、還元率の高いクレジットカードは存続させてほしいですね。

クレジット機能付きTカード一覧- Tポイント (tsite.jp)

VポイントとTポイントが統合した背景

「Vポイント」と「Tポイント」が統合するに至った背景にはそれぞれが不足している点を補い、今までにない新しい価値を提供できると考えたためです。

新しい価値とは、経済圏にとらわれない利用価値です。

新しい価値を提供するためには、「Vポイント」の知名度も低く会員数も他社に比べると劣っており、会員数を増やすならば既存で知名度の高いポイントサービスと提携することが1番の近道だと考えたようです。その相手が「Tポイント」だったというわけです。

「Tポイント」は2010年にソフトバンクグループと提携し、Yahoo!JAPANやソフトバンク関連の利用でTポイントが貯まり使えるようになるなど長い期間、ソフトバンクの経済圏の軸となっていました。

しかし、ソフトバンクグループが独自の決済サービス「PayPay」を開始し「PayPayポイント」を提供し始めたことによりソフトバンクグループとの提携が終了してしまったため大きな痛手となっていました。

さらにTポイントの加盟店の離脱や加盟店でのマルチポイント導入など、Tポイントにとって苦しい状況となっていました。

生き残るために新たな提携先を探していたTポイントにとって「Vポイント」と統合することは嬉しい展開でした。

まとめ

「Vポイント」と「Tポイント」が2024年4月22日に統合し、新Vポイントとして新たにサービスが展開されました。

統合してもお互いの良い点は存続され、今まで通り加盟店でポイントを貯めることができ、今まで以上にポイントが貯まる可能性が高いです。

今後どのようなサービスが展開されていくのか、動向に注目したいですね。



-キャッシュレス決済