キャッシュレス決済

【損してない?】PayPayやめたほうがいい人3選!PayPayメイン利用しないとおトクにならない?おすすめできる人を解説

広告

スマホ決済といえば、「PayPay」といわれるほど利用者も、使える店舗も増えていますが、ポイント還元率やサービスなどの改定があり昔に比べるとおトクに利用できるサービスとはいえなくなっています。

PayPayをメインで利用していて、利用頻度も高い方でも、PayPayの利用方法によってはおトクになっていない可能性があるため、今すぐ確認することをおすすめします。

そこで、PayPayをやめたほうがいい人とおすすめできる人について解説します。


PayPayやめたほうがいい人

「PayPay残高」支払いしている人

PayPayステップの条件達成できない可能性が高い人

PayPayカードを作成できない人

「PayPay残高」支払いしている人

引用元:PayPayステップ - キャッシュレス決済のPayPay

PayPayやめたほうがいい人のひとつめが、チャージして「PayPay残高」支払いしている人です。

PayPay残高を利用した場合の基本付与分は、0.5%でPayPayステップの条件を達成することで合計1%の付与率となります。

PayPayクレジットや、PayPayカードの基本付与分が1%あり、PayPayステップの条件を達成することで1.5%~2.0%となります。

PayPayステップの条件を達成するには、PayPayをメインで利用している方でないとなかなか達成することが難しいかもしれません。

現金支払いするよりは少なくてもポイントが付与されるためおトクですが、PayPayをおトクに利用するならPayPayカードを作成しPayPayクレジットを利用する方がポイント付与率が上がるためおトクになります。

PayPayステップ達成条件

前月に以下の2つの条件を達成することで+0.5%ポイント付与率がアップします。

・決済回数:200円以上の決済が30回あること
・決済金額:合計で10万円以上あること

PayPayステップ条件達成できない可能性が高い人

次に、PayPayやめたほうがいい人は、PayPayステップ条件達成できない可能性が高い人です。

上記でもあげたように、PayPayのポイント付与率をアップさせるためには、PayPayステップの条件を達成する必要があります。

達成しなければ、基本付与分のポイントしか付与されません。

PayPay残高払い:0.5%

PayPayクレジット:1.0%

PayPayカード:1.0%


「PayPay残高払い」で条件を達成することができなければ還元率0.5%、「PayPayクレジット」「PayPayカード」なら還元率1.0%ということになります。

他社のサービスで、スマホ決済とクレジットカードの組み合わせで最大1.5%還元や、利用する店舗が決まっている場合ならその店舗で還元率の高いクレジットカードを利用するなど、ポイント還元率の高い決済方法へ変更することをおすすめします。

PayPayの利用を継続したい方は、最低でも基本付与分が1%ある「PayPayクレジット」もしくは、「PayPayカード」での支払いがおすすめです。

②PayPayカードを作成できない人

最後に、PayPayやめたほうがいい人は、PayPayカードを作成できない人です。

PayPayをおトクに利用するなら、「PayPayカード」を作成し利用することが大前提です。

PayPayアプリで利用できる「PayPayクレジット」は、PayPayカードの作成しないと利用できないサービスで、PayPay残高を利用するよりおトクになります。

他社のスマホ決済も、チャージして決済するとポイント還元率は0.5%となることが多く、おトクにスマホ決済を利用したいならクレジットカードとの組み合わせは必須となります。

hachico
hachico

余談ですが、PayPayアプリでは、支払先を他社クレジットカードに設定することができていましたが、2025年1月から他社クレジットカードをPayPayアプリで利用することはできなくなります。

PayPayおすすめできる人

現金払いの人

PayPay条件達成できそうな人

PayPayゴールドカードを持てる人

①現金払いの人

現金払いをしている人は、すぐにでもPayPayなどのスマホ決済や、クレジットカード支払いへ変更することをおすすめします。

現金で支払うと何の還元も得ることができませんが、スマホ決済やクレジットカード支払いをすることで、何%かの還元を得ることができます。

例えば、年間で100万円の利用があった場合、0.5%の還元率なら5,000円、1%の還元率なら10,000円の還元を得ることができます。

PayPayなら「PayPayクレジット」「PayPayカード」を利用すれば、還元率1%~2.0%となります。
また、利用した分は翌月にまとめて銀行口座から引き落としされ、利用履歴も確認できるので家計管理もしやすくなります。

hachico
hachico

「PayPayカード」を利用して還元率をアップさせるには、PayPayアプリの登録と「PayPayクレジット」の利用設定が必要です。

「PayPayクレジット」「PayPayカード」の違いや、注意点などは、以下の記事で解説しています。

参考PayPayクレジットとPayPayカードとの違いは?PayPayのあと払いの利用方法と注意点を解説

続きを見る

②PayPay条件達成できそうな人

PayPayの基本付与分は、PayPay残高の支払いが0.5%、PayPayクレジッが1.0%、PayPayカードが1.0%となり、PayPayステップの条件を達成することができれば、PayPay残高の支払いが1%、PayPayクレジット・PayPayカードが1.5%~2.0%になります。

PayPayステップの条件が達成できれば、基本付与分と合計して1%~2.0%となるので、条件を達成できるならPayPayは継続したほうがおトクになります。

③PayPayゴールドカードを持てる人

引用元:PayPayポイントがどんどん貯まる!-PayPayカード ゴールド/PayPayカード (yahoo.co.jp)

PayPayカードのゴールドカードは、基本付与1.0%ですが、ゴールドカード特典として0.5%追加付与されるため、PayPayステップの条件を達成できなくても還元率が1.5%となります。

また、Yahoo!ショッピング・LOHACOでのお買い物で毎日最大7%還元や、ソフトバンクの利用料金1,000円(税抜)ごとに最大10%付与など、ソフトバンクグループの料金支払いでの特典が付与されます。

ただし、年会費11,000円が発生するためクレジットカードの利用金額が多い方で、ソフトバンクのスマホや自宅のネットやでんきもソフトバンクでまとめている方がおすすめできるクレジットカードとなります。

まとめ

「PayPayは還元率が低いからクレジットカードよりも損する。もうPayPayは使わない。」というのはちょっと待ってください。

まずは、最低でもPayPayで還元率1%を獲得できるようにしましょう。

PayPayをおトクに利用するには、PayPayステップの条件達成、PayPayカードの作成が可能かどうかを検討してみましょう。

スマホで決済できるサービスは、クレジットカードと組み合わせて利用することがおすすめです。

PayPayよりも還元率の良いスマホ決済や、還元率の高いクレジットカードを利用するなど、他社も検討することもおすすめです。

-キャッシュレス決済
-,