通信料

UQモバイル自宅セット割とは?割引条件やUQモバイルのメリット・デメリットを詳しく解説

広告

auの子会社である「UQモバイル」は、月々の料金がおトクに利用できると人気も高いですよね。

しかし、今までau・ドコモ・ソフトバンクを利用してきた方は、「他社の格安スマホとどう違うの?」「乗り換えてみたいけど本当に月々の料金は安くなるのかな?」と乗り換えたいけど、一歩踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

UQモバイルのメリット・デメリットを理解すれば、乗り換える際の不安も気にならなくなります。

UQモバイルが本当にお得なのか、デメリットはあるのか、などUQモバイルのメリット・デメリットを詳しく解説します。


UQモバイル|料金プラン

UQモバイルは3つのプランから選択することができ、データ容量を軸として、月にどれぐらい使用するのかによってプランを決定していきます。

UQモバイルの料金プランは、2023年6月1日より新しい料金プランとなり、サービス提供されています。
2023年6月1日より提供開始している新料金プランについては、以下の記事で解説しています。

参考UQモバイル新料金プラン徹底解説!UQモバイルをおすすめできる人とは?自宅セット割がないと割高になる可能性?

続きを見る

参考事務手数料一覧|au・ドコモ・ソフトバンク契約事務手数料値上げ!大手4キャリアの各種事務手数料一覧

続きを見る

通話オプション

UQモバイルの料金プランの「コミコミプラン」以外は、通話オプションが含まれていないため、従量課金となり通話料金22円/30秒が発生します。

「コミコミプラン」は、3,278円(税込)で、1回10分以内の通話が無料で20GB利用できるプランです。

通話をよく利用する方は、3つの通話オプションから選択可能で、月単位で変更可能です。

「通話パック」月にトータル60分までの国内通話が550円/月
 「トクトクプラン」「ミニミニプラン」

「通話放題ライト」1回10分以内の国内通話かけ放題が880円/月
 「トクトクプラン」「ミニミニプラン」

「通話放題」国内通話かけ放題が+1980円/月
 「トクトクプラン」「ミニミニプラン」
※「コミコミプラン」と60歳以上の方は+1,100円/月


通話をあまりされない方は、通話オプションを追加しなくても問題ないかもしれませんが、月に12.5分以上通話をするなら、「通話パック550円/月」を追加するのがおすすめです。

また、60歳以上の方は、国内通話かけ放題の「通話放題」+1,980円のところ1,100円/月で利用可能となります。

月単位で変更も可能なので自分の使い方にあったプランを選択することがおすすめです。

UQモバイルメリット|UQモバイルはどうおトクなの?

UQモバイルは、安くておトクだということは何となく知っているという方も多いでしょう。
どのようにおトクなのか、UQモバイルのメリットについて解説します。

自宅セット割でおトクに

余ったデータ容量を繰りこせる

データ増量オプションが無料

通信速度が安定している

店頭でサポートが受けられる

オンラインショップがおトク

下取りもしてくれる

解約手数料なし

auからの乗り換えは手数料無料


UQモバイルメリット①|自宅セット割でおトクに

UQモバイルは自宅のインターネット、もしくはauでんきとのセット割を使うことで基本料金がお得になります。

自宅のインターネットとセット割引を「自宅セット割」といいます。

自宅セット割を適用させるには、auでんきもしくは、特定のインターネットサービスを契約していることが条件となります。

自宅のインターネットサービスが対象サービスではない場合、自宅のインターネット回線を切り替えることでインターネットサービスの料金もお安くなる場合もあるため、検討する価値はあります。

引用元:UQモバイル

「ネット+電話」を契約していること

「ネット+電話」「ネット+テレビ」「テレビ+電話」のいずれか契約していること
J:COMや各種ケーブルテレビ

WiMAX+5Gルーター
UQ WIMAX / Broad WiMAX / その他提携先ルーター

自宅セット割は家族10回線まで割引に

UQモバイルの自宅セット割は家族10回線まで割引が適用できます

家族全員が自宅セット割の適用ができれば、料金プランが割引となりおトクに利用することができます。

au・ドコモ・ソフトバンクの家族間通話無料になる家族割と違って、自宅セット割の割引を適用させるための家族グループです。

同一性・同一住所の家族に限り適用可能なところ、キャンぺーにより離れて暮らしている家族の方も適用させることができます。

親回線の方と家族であることの証明書が必要となり、戸籍謄本などが対象となります。

申し込みは店舗でしか受付していないので、親回線の方と申込者の方が必要書類を持って店頭へ申し込みにいけば自宅セット割の申し込みが可能です。

UQモバイルメリット②|余ったデータ容量を繰りこせる

毎月のデータ容量が当月中に使い切れなかった場合は、翌月にくりこすことができます。

ソフトバンクの子会社ワイモバイルは、データくりこしに対応していますが、オンライン専用ブランドのahamoやpovo、LINEMOは余ったデータをくりこすことができません。

月によって使うデータ容量にバラつきがある方は、データくりこしがあるとありがたいですね。

UQモバイルメリット③|データ増量オプションが無料

UQモバイルを契約後から7ヶ月間は、データ増量オプション550円/月が無料で利用することができます。

増量オプション適用時
・「コミコミプラン」20GB・・・5GB追加→25GB
・「トクトクプラン」15GB・・・5GB追加→20GB
・「ミニミニプラン」4GB・・2GB追加→6GB

7ヶ月間無料でデータ増量オプションを利用できるので、付けないわけにはいかないですね。

7ヶ月以降は550円/月発生するため、不要な方は7ヶ月までに、オプションの廃止を忘れないようにメモしておきましょう。

余ったデータ容量も翌月にくりこしすることができるので、データ増量オプションは無料期間のみ付けて損はないオプションです。

UQモバイルメリット④|通信速度が安定している

UQモバイルはauの子会社で、通信回線もau回線を利用しているので速度も安定しています。

各種キャリアの格安スマホ・イオンモバイルやOCNモバイル等は、MVNOと呼ばれ、au・ドコモ・ソフトバンクの回線を借りて通信をしています。

回線を借りて使用している為、混雑する時間帯などには、通信速度が遅くなる傾向があります。

その点、UQモバイルはauの子会社であるため、安定して通信速度で利用することができます。
ソフトバンクの子会社であるワイモバイルもUQモバイルと同様に安定して通信速度で利用できます。

UQモバイルメリット⑤|店頭でサポートが受けられる

UQモバイルは、全国のUQモバイルショップやauショップの店頭でサポートを受けることができます。

困ったときに、ショップで相談できるのは安心できます。

オンライン専用ブランドのahamoやpovo、LINEMOは店頭でサポートを受けることができず、基本的には自分でオンラインで手続きし、解決することになります。

ahamoのみ3,300円/回を支払えば、ショップでのサポートを受けることができますが、1回ごとに料金が発生するので、些細なことで相談するには少々お高いですね。

UQモバイルメリット⑥|オンラインショップがおトク

UQモバイルに乗り換えるならオンラインショップがおすすめです。

auPAYへ還元されるキャンペーンがあったり、端末値引きがある

auPAYへ還元されるキャンペーンがあったり、端末値引きがある

オンラインショップでは、他社から乗り換えや新規契約に対して、auPAYへの還元キャンペーンを行っていることが多く、ショップで契約するよりもおトクになることが多いです。

稀にショップのイベントやキャンペーンで大幅に端末値引きをするキャンペーンが実施されている場合もあるので、近隣のショップと比較してから契約することをおすすめします。

また、店頭にはない在庫もオンラインショップでは在庫があるケースもあり、型落ち商品なら端末代金の負担が少ないものもあるので、新製品が発売されたタイミングでチェックしてみるのもおすすめです。

ちょっとしたお話し

UQモバイルのオンラインショップでは、新規契約や他社から乗り換え、機種変更の方しか端末の購入はできませんが、「au Online shop(auオンラインショップ)」では、au回線の契約がなくても端末を購入することが可能です。

・他社回線を利用しているが、欲しい機種が今のキャリアにはない
・今のキャリアでは端末を販売していない
・「au Online shop(auオンラインショップ)」の方が端末が安く買える

などの理由の方は、「au Online shop(auオンラインショップ)」でスマホ単体購入をすることができます。

\ オンラインショップで購入するとauPAY残高還元 /

UQモバイルメリット⑦|下取りもしてくれる

UQモバイルでは、端末購入を伴う他社から乗り換え、auから切り替えの際や、機種変更の場合に、現在利用中の端末を下取りに出すことが可能です。

また、UQモバイルの店頭で申し込みをするか、オンラインショップで申し込みをするかによっって、下取りの還元方法が異なります。

下取り還元方法

・UQモバイル店頭申し込み・・・購入端末から値引き
・UQモバイルオンラインショップ・・・Pontaポイントへ還元


UQモバイル店頭では、購入端末から値引きをしてくれるので端末代金の負担が軽くなるケースがありますが、下取りの還元額の算定は、本体の状態によって変わります。

水漏れや故障している端末は下取り不可となり、還元されない場合もありますが、画面破損の場合は、還元額が大幅に下がります。

また、Android製品より、apple製品の方が還元額が高い傾向にあります。

UQモバイルオンラインショップで、Pontaポイントでの還元となりますが、auPAYへチャージして利用することも可能なので、コンビニや使えるお店でお買い物の際に利用することができます。

UQモバイルオンラインショップで下取りを申し込みした場合は、郵送で下取り端末を発送します。

他社から乗り換え、機種変更を申し込み後、新しい端末が届いたのちに、下取り端末を専用封筒にて発送します。

他社から乗り換え、機種変更を申し込みする場所でしか下取りを申し込むことができないので、店頭で下取りをしたい場合は、他社から乗り換え、機種変更の申し込みを店頭ですることになります。

UQモバイルオンラインショップで申し込みをする方が、その他のキャンペーンでさらにおトクになるケースもあるので、端末代金の比較をしてから申し込みをしてくださいね。

【最新】UQモバイル下取り価格はコチラ

UQモバイルメリット⑧|解約手数料なし

UQモバイルは解約時の解約手数料が発生しません。

2年契約などの縛りもないので、UQモバイルに乗り換え後にやっぱり他社へ・・・となっても、解約手数料が発生しないのでお試し感覚でUQモバイルへ切り替えすることができます。

UQモバイルメリット⑨|auからの乗り換えは手数料無料

auからUQモバイルへの切り替えの際は、新規事務手数料は無料で切り替えが可能です。

また、auからUQモバイルへの移行の場合は、他社へ乗り換える際に必要な「MNP予約番号」は不要で切り替えることができます。

面倒な作業が減ることと、契約に係る事務手数料が無料なので、auを利用している方はUQモバイルがおすすめの切り替え先と言えるでしょう。

参考MNPワンストップとは?移行先キャリアだけで乗り換え完結!対応キャリアや注意事項について解説!

続きを見る

UQモバイルデメリット|デメリットはあるの?

UQモバイルのメリットを9つあげてきましたが、UQモバイルにデメリットはあるのでしょうか?

メリット・デメリットも自分に当てはまらなければ、メリットでもデメリットでもないものです。
知っていて損はない情報ですので解説します。

自宅セット割がないと割高

UQmobileオンラインショップは端末が少ない

留守番電話サービスが有料

新規事務手数料が3,300円

>>悪い評判はホント?UQモバイルの評判について他の専門家の意見もチェック!

UQモバイルデメリット①|自宅セット割がないと割高

UQモバイルは、自宅セット割が適用されないと少々割高な印象を受けます。

「トクトクプラン」と「ミニミニプラン」は自宅セット割などの割引適用がない場合は割高となり、「トクトクプラン」3,465円/月・「ミニミニプラン」2,365円/月となります。

LINEMOは「ミニプラン」3GBで990円/月楽天モバイルは3GBまで1,078円/月となり、割引を適用させる条件が無い分比較すると少々割高となります。

ワイモバイルは、家族でワイモバイルにすると2回線目から割安になり、1回線目は割引適用なしの料金となり、UQモバイルよりも割高となります。UQモバイルだけが割高というわけではありませんね。

自宅セット割が適用されるauでんきやインターネットサービスに切り替えるか、割引適用の条件がないキャリアを検討したほうがお安くなります。

参考UQモバイル新料金プラン徹底解説!UQモバイルをおすすめできる人とは?自宅セット割がないと割高になる可能性?

続きを見る


UQモバイルデメリット②|UQmobileオンラインショップは端末が少ない

UQモバイルオンラインショップでは、端末のラインナップが他社に比べると少ないです。

Apple製品は最新の端末は販売しておらず、少し前のモデルを販売しています。

端末はなんでもいい、最新の機種でなくても構わないという方であれば支障がないと思われます。

最新の機種が良い、こだわりたいという方は、au・ドコモ・ソフトバンクの店頭で端末のみ購入するか、auオンラインショップで端末のみ購入する方法もあります。

\ オンラインショップで購入するとauPAY残高還元 /

UQモバイルデメリット③|留守番電話サービスが有料

UQモバイルでは、留守番電話サービスが有料となります。

留守番電話サービスのみの場合は330円/月、留守番電話サービスと割込通話、三者通話、迷惑電話撃退サービスの4つがセットになった「電話きほんバック」だと440円/月となります。

電話に出られない時のメッセージはもちろん、電波が悪いときや電源が入っていないときなどにも着信を知らせてくれる機能でもあるので、仕事等で利用している方は重宝していたのではないでしょう。

端末の機能として「伝言メモ」がある場合は、「伝言メモ」を代用するという案もあるので一度確認してみてください。

「通話放題ライト」「通話放題」に加入すると、「電話きほんパック」が無料で利用可能です。

UQモバイルデメリット④|新規事務手数料が3,300円

UQモバイルは店頭でもオンラインショップでも新規事務手数料3,300円発生します。

楽天モバイルは、店頭でもオンラインショップでも事務手数料は不要、ワイモバイルはオンラインショップだと新規事務手数料が無料で申し込みすることができます。

「他社が手数料無料なのになぁ・・・」と思いがちですが、月々のランニングコストが現在よりも大幅に下がる場合は、すぐに元は取れるので新規事務手数料が発生しても十分おトクだと思います。

auからUQモバイルへの切り替えは店頭でもオンラインショップでも新規事務手数料不要です。

まとめ

UQモバイルは、auの子会社だけあってデメリットも少ないという印象を受けます。

auから切り替えの方はもちろん、自宅セット割が適用できる方であればお安く利用できるのではないでしょうか。

店頭サポートもうけることができて、お安く利用できるのであれば安心して利用することができるキャリアだと思います。一度検討してみてはいかがでしょうか。

-通信料
-