通信料

au解約金発生する?1年以内の解約には要注意!契約解除料が発生する条件とは?au・UQモバイルの解約金について解説

広告

2024年6月から、au・UQモバイルは、解約の際にかかる契約解除料を新たに設定しました。

2022年3月に解約にかかる契約解除料は廃止されましたが、再び契約解除料を設定することとなりました。
全ての回線に対して、契約解除料が発生するわけではなく、ある条件を満たした回線の対して、契約解除料が請求されることになります。

そこで、au・UQモバイルの解約にかかる契約解除料について解説します。


au・UQモバイル契約解除料はいくら?

au・UQモバイルは、2024年6月1日以降の新規契約を対象とした、契約解除料を新設しました。

契約解除料
通常利用の場合0円
通常利用を目的としていない場合990円
【au/UQ mobile】通常のご利用を目的としていない場合の契約解除料の新設について | スマートフォン・携帯電話 | au

2022年3月に解約時にかかる、契約解除料を廃止とし、契約期間にかかわらず解約の際の契約解除料は発生していませんでした。

しかし、再び契約解除料を新設しましたが、全ての契約に対して契約解除料が発生するわけではありません。
ある条件を満たした回線のみ、契約解除料が発生することになります。

au・UQモバイル契約解除料が発生する条件とは?

au・UQモバイルが新たに新設した契約解除料については、「通常利用を目的としていない場合」に契約解除料が990円が発生するとされています。

以下、契約解除料が発生する条件となり、 ①②どちらも満たしている回線が対象となります。

契約解除料が発生する対象の条件
①au・UQモバイルの契約から1年以内に解約した場合
②通常利用を目的としていないと判断した場合

通常利用を目的としていないとは、「利用実態がない場合」または「解約から過去1年間に同一名義のほかの回線で、契約から1年以内の解約をしていた場合」とされています。

つまり、まったく利用していない回線を1年以内に解約した場合や、過去1年以内に他の回線で1年以内の解約をしたことがある場合に契約解除料が発生するというわけです。

契約解除料の対象とならない場合

・au、UQモバイル、povo間の番号移行の際、8日間キャンセルによる解約
・スマイルハート割引が適用されていた回線

契約解除料は通常は解約月の翌月に請求されますが、解約の翌々月以降の請求となる場合があります。

まとめ

通常利用を目的としていない回線についての契約解除料の請求は、楽天モバイルでも2024年2月でも開始され1,000円の契約解除料の請求がされることになりました。

ドコモやソフトバンクでは、現時点で契約解除料の設定はしていません。

解約や乗り換え時にかかる契約解除料やMNP転出手数料は廃止となり、他社へ乗り換えがしやすくなりました。
しかし、乗り換え時のキャンペーンなどの特典を目的とした契約や解約を繰り返す方が多いため、このような対策を行ったのでしょう。

しかし、契約解除料が少額であるため、大した効果はないという気もしますよね。
これは、総務省が解約の際に請求できる契約解除料の上限を1,000円までとすると定められているため、上限ギリギリの金額で設定するしかないためでう。

顧客を増やすためにキャンペーンや特典を付けるといったことをすることは仕方のないことかもしれませんが、過激な特典は控えて、契約している方がおトクに長く利用できるような策を作ってくれればと思います、

-通信料