通信料

LINEMO(ラインモ)子供におすすめ!おすすめできる4つの理由とは?子供にスマホを持たせるならLINEMOが最適!

広告

※本ページはプロモーションが含まれています

子供にスマホを持たせる場合、どこのキャリアで契約すればいいか悩み、出来るだけ安く抑えたいと思いますよね。

LINEMO(ラインモ)なら、スマホを安く利用することができ、子供にスマホを持たせるキャリアとしておすすめできます。

hachico
hachico

LINEMO(ラインモ)なら、LINEアプリのデータ消費がゼロで、データ容量超過後もLINEアプリをスムーズに利用することができるんです。

LINEアプリは無料で通話やメールができるため、速度制限がかかっても利用できるなら安心です。
しかも、月額1,000円以下で利用できるなら安い!

主婦子さん
主婦子さん


この記事では、LINEMO(ラインモ)を子供におすすめできる4つの理由について解説します。


LINEMO(ラインモ)|基本料金

LINEMO(ラインモ)は、2つのプランから選ぶことができ、データ容量をどれぐらい利用するかでプランを選択します。

3GBで990円(税込)「ミニプラン」、20GB 2,728円(税込)「スマホプラン」の2つのプランです。

ミニプランスマホプラン
基本料金990円(税込)2,728円(税込)
データ容量3GB20GB
LINEギガフリー
LINEスタンププレミアムfor LINEMO対象外
データ容量超過後の通信速度300kbps1Mbps
【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド


LINEMO(ラインモ)は、データ容量を超過した場合、勝手に料金があがるという心配はなく速度制限がかかります。
データ容量を追加したい場合には、1GB=550円で追加購入することが可能です。


LINEMO(ラインモ)|通話オプション

LINEMO(ラインモ)の通話料金は、22円/30秒で従量課金されます。

通話をよく利用する方は、有料の通話オプションを追加することができます。

■通話準定額:550円/月(5分/回以内の国内通話が無料)
■通話定額:1,650円/月(国内通話が無料でかけ放題)

LINEMO(ラインモ)なら、「LINEギガフリー」でLINE利用のデータ容量は消費されることはないため、「LINEアプリ」で通話することもおすすめです。

「LINEアプリ」で発信可能な相手に限られてしまいますが、「LINEアプリ」で通話すれば、通話料金も無料でデータ容量も消費されません。

LINEMO(ラインモ)子供におすすめできる理由

LINEMO(ラインモ)は、子供にスマホを持たせる際に選ばれるキャリアとして人気があります。

LINEMO(ラインモ)が、子供のスマホキャリアとしておすすめできる理由について解説します。

LINEMOがおすすめな理由

月額990円で3GBの格安料金で利用できる

データ容量超過後は勝手に料金が上がらない

「LINEギガフリー」でLINEのデータ消費ゼロで利用できる

フィルタリングサービスや利用制限で見守ることができる

月額990円で3GBの格安料金で利用できる

LINEMO(ラインモ)は、2つの料金プランから選ぶことができますが、月額990円で3GBの格安料金で利用できる「ミニプラン」がおすすめです。

データ容量3GBだと少ないのではないかと思われるかもしれませんが、「LINEアプリ」はギガフリーで利用でき、外出先で動画などの視聴をしなければ十分利用可能だと思います。

1,000円以下で子供にスマホを持たせられるなら嬉しいです

主婦子さん
主婦子さん
hachico
hachico

キッズ携帯を子供に持たせている時と比べても料金面では大きな差はないですよね

データ容量超過後は勝手に料金が上がらない

LINEMO(ラインモ)は、データ容量を超過しても、勝手に料金が上がることはないため、安心して子供にスマホを持たせることができます。

データ容量を超えてしまった場合は、速度制限がかかり、翌月まで通信速度制限が解除されることはありません。

hachico
hachico

他社によくある段階性のプランだとデータ容量超過後は勝手に料金が上がっていくので、
請求金額が意外と高くてびっくりされることもよくありまよ。

子供はデータ容量を気にして利用するのは難しいからね。
LINEMO(ラインモ)なら勝手に料金が上がることはないし安心だね。

主婦子さん
主婦子さん


子供にスマホを持たせる場合は、段階性の料金プランよりも、LINEMO(ラインモ)のような、データ容量超過後は速度制限がかかる料金プランの方が、安心して持たせることができます。

「LINEギガフリー」でLINEのデータ消費ゼロ

LINEMO(ラインモ)では、「LINEアプリ」を利用した、トーク・音声通話・ビデオ通話などのデータ容量は、消費されず「LINEギガフリー」で利用可能です。

データ容量超過し速度制限がかかってしまった場合でも、「LINEアプリ」の利用は速度制限がかからずスムーズに利用することができます。

他社キャリアではデータ容量超過後は、速度制限がかかるため、LINEの音声通話やビデオ通話の利用は難しくなります。
トークは利用できますが、送受信がかなりの時間がかかってしまいます。

「LINEアプリ」では、画像や動画の送信や、投稿された動画の視聴ができるため、意外とデータ容量を消費してしまいがちです。
LINEMO(ラインモ)なら、「LINEギガフリー」で利用できるため、データ容量を気にすることなく利用可能です。

データ容量超過後でも「LINEアプリ」がスムーズ使えるのは嬉しいポイントですね

主婦子さん
主婦子さん
hachico
hachico

若い人は特に、連絡先はLINEしか知らないという人も多く、連絡手段がLINEしかないと速度制限がかかったときに不便だけど
LINEMO(ラインモ)なら速度制限がかかっても「LINEアプリ」が利用できると安心ですよね。


LINEギガフリー|サービス|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM/格安スマホ

フィルタリングサービスや利用制限で見守ることができる

LINEMO(ラインモ)では、無料でフィルタリング設定や利用制限をすることができます。

18歳未満の子供にスマホを持たせる場合は、利用者が18歳未満の子供だということを申告しフィルタリング設定をする必要があります。

■iOS:あんしんフィルター
■Android:Googleファミリーリンク

参考子供のスマホ制限方法!Android&iPhoneごとに制限やフィルタリング方法を解説!子供にスマホ持たせるならコレ必須!

続きを見る

あんしんフィルターとは?

子供の年齢にあわせて4種類の強度からフィルタリング設定をすることができ、WEBサイトの閲覧制限をすることが可能です。

また、WEBサイトの利用時間の設定をしたり、閲覧履歴を確認することも可能です。

あんしんフィルターは、「My Menu」からの申し込み、もしくは新規契約のお申し込みと同時申し込みすることが可能です。
保護者のパソコンやスマホからフィルタリング設定を行うことが可能です。

スマホの利用制限やアプリ利用制限などの設定は、iOSの「ペアレンタルコントロール」で設定することが可能なため、あんしんフィルターと併用利用がおすすめです。

あんしんフィルター|フィルタリング|サービス|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM/格安スマホ

Googleファミリーリンクとは?

Googleファミリーリンクは、スマホの利用制限やアプリ制限、WEBサイトの閲覧制限をすることができます。
また、位置情報の確認をすることも可能です。

Googleファミリーリンクについては、以下の記事で解説しています。

参考【画像付き】ファミリーリンク設定方法|子供のスマホ制限方法とフィルタリング設定の注意点について

続きを見る

Google ファミリー リンク - お子様のオンラインでの安全を守る保護者向け管理ツール (families.google)

まとめ|子供にスマホを持たせるならLINEMOが最適!

LINEMO(ラインモ)が、子供に持たせるスマホのキャリアにおすすめできる点をご紹介しました。

LINEMO(ラインモ)は、データ容量超過後でも勝手に料金が上がることはないため、安心して利用することができます。

「LINEギガフリー」で利用可能なため、データ容量超過後に速度制限がかかってしまった場合でも、「LINEアプリ」は速度制限なしで利用できるため、お子さまとの連絡もスムーズに行うことができます。

新規事務手数料も無料で契約できるため、LINEMO(ラインモ)で契約してみてはいかがでしょうか。

参考TONEトーンモバイル|キッズスマホおすすめできる?見守り機能が充実したTONEファミリーとは?料金や注意点についても解説

続きを見る

参考【爆安】月額290円の格安SIMは子供のスマホにおすすめ!キッズ携帯よりも安くスマホが利用できる日本通信SIMとは?

続きを見る

-通信料
-