通信料

【爆安】月額290円の格安SIMは子供のスマホにおすすめ!キッズ携帯よりも安くスマホが利用できる日本通信SIMとは?

広告

子供にスマホを持たせるなら、出来るだけ安く利用したいと考えておられる方が大半を占めると思います。

格安SIMは、月額1,000円前後で利用できることが一般的ですが、月額290円でスマホを契約できるキャリアがあるんです

月額290円ならキッズ携帯よりも安く、キッズ携帯よりも安く利用できるなら、スマホを持たせることも検討してみてもいいのではないでしょうか。

そこで、この記事では我が家の子供のスマホ事情を紹介し、月額290円でスマホが利用できる日本通信SIMについて解説します。


キッズ携帯より安い!月額290円でスマホが持てる格安SIMキャリア

子供にスマホを持たせるとなると、どこのキャリアで契約するか悩みますよね。

hachico
hachico

通信費は出来るだけ安く利用できるキャリアを選びたいですよね。

格安スマホ・格安SIMとして提供されているキャリアの多くは、月額1,000円前後~という金額が多いですが、月額290円でスマホを利用できるキャリアがあるんです。


月額290円でスマホが持てるなら、キッズ携帯を持たせるよりも安いです。

キッズ携帯は、GPS検索で居場所がわかる機能や防犯ブザー付きの端末で、au・ドコモ・ソフトバンクから発売されており、月額550円程度で持たせることができます。

hachico
hachico

月額290円なら、LINEもGPS検索も利用できるスマホを子供に持たせる方がおトクかも!


キッズ携帯よりも安い、月額290円で利用できるキャリアは、日本通信SIMです。

あまり聞いたことがない方も多いかもしれませんが、日本通信SIMは2020年からサービスを提供しており、月額290円のプランも2022年1月27日から開始され、まだまだ新しいサービスなんです。

しかし、格安スマホを普及させたきっかけとなったのは、日本通信SIMが名前も知られていない頃から格安で料金を提供し続けてきたことから始まったともいわれているんです。

日本通信SIMが利用する回線は、ドコモ回線を利用しているので、通信環境も安定して利用することができます。

参考【画像付き】ファミリーリンク設定方法|子供のスマホ制限方法とフィルタリング設定の注意点について

続きを見る

日本通信SIMとは?

日本通信SIMは、日本通信株式会社が提供しているサービスです。

日本通信株式会社は、1996年に創業してから、格安でサービスを提供するMVNOを生み出してきた会社です。

そして、日本通信株式会社独自の格安SIMサービスで「合理的プラン」という料金プランの提供を開始しました。

合理的プラン」は、月額料金が安くて、シンプルでわかりやすいです。

特に、月額290円のプランは、音声通話とデータ容量が1GBが付いていて、この値段なのでとにかく安いという印象です。


また、月額290円以外のプラン10GB・30GBのプランは、他社と比べると安く利用することができます。

他社のプランは、低容量プランと大容量プランの組み合わせが多いため、日本通信SIMのような10GBの中間層プランが少ないです。

そのため、大容量プランを契約して毎月データ容量を余らせたり、低容量プランでチャージしたり、無駄に支払いをしている可能性が高いので、中間層プランが用意されている日本通信SIMは、低容量では足りない方にもおすすめできます。

こんな方におすすめ

  • 携帯料金を安く利用したい方
  • Wi-Fiメインでデータ量は1GB未満で十分な方
  • 子供に安くスマホを持たせたい方
  • 動画をよく見る方やゲームをする方
参考【他社比較】日本通信sim安すぎる格安スマホ!料金プランや特徴を解説!日本通信simをおすすめできる方とおすすめできない方とは?

続きを見る

キッズ携帯よりも安くスマホを利用できる日本通信SIMがおすすめ

子供にスマホを持たせるなら日本通信SIMがおすすめ

小学生からスマホを持たせている家庭も多くなり、どのキャリアを契約するのか悩ましいところですが、日本通信SIMの合理的プラン」のシンプル290プランがおすすめです。

月額290円でスマホを持たせることができるという安さが、なによりもおすすめできるポイントです。

おすすめポイント

・月額290円で音声通話とデータ容量1GB付き
・データ容量は上限設定で使いすぎ防止が可能

月額290円で音声通話とデータ容量1GB付き

日本通信SIMの「合理的プラン」の中で、低価格の月額290円のシンプル290プランなら、音声通話とデータ容量1GBが付いてこの料金です。

通話に関しても、他社は22円/30秒が一般的ですが、日本通信SIMは11円/30秒と通話料金も安いんです。

LINE電話を利用すれば、通話料金も発生しないので、LINE電話をメインに利用するようにすれば問題ありません。

無料通話が欲しい方向けに通話オプションも用意されています。
・通話5分かけ放題オプション(+390円) 
・月70分無料通話オプション(+390円) 
・通話かけ放題オプション(+1,600円)

hachico
hachico

連絡用メインで子供にスマホを持たせるなら十分利用できます。
LINE電話を利用し、外では動画視聴やWebなどをできないよう設定すれば安心して持たせることができます。

Wi-Fi環境のない外出先や、自宅以外の場所では、動画視聴やインターネット検索などは利用できないように設定しておけば、1GBで十分抑えることができるでしょう。

hachico
hachico

Android端末ならGoogleの「Family Link」、iPhoneなら「ファミリー共有」で子供のスマホを管理することができます。


データ容量は上限設定可能で毎月の料金目安ができる

日本通信SIMの「合理的プラン」は、各料金プラン毎にデータ容量が決められていますが、基本料金以上のデータ容量の上限設定をすることができます。

例えば、「合理的シンプル290プラン」で上限を10GB(290円/1GB+1,980円/9GB=2,270円)に設定していても、実際に使ったデータ量が3.8GBの場合、請求される金額は950円(基本料金290円/1GB+660円/3GB)となります。

上限設定した金額が請求されるのではなく、実際に利用したデータ量(1GBあたり220円)に基づいて請求されます。

しかし、実際に利用したデータ容量が、基本料金以下のデータ容量だった場合は、基本料金の請求に変わりはありません。

例えば「合理的30GBプラン」で、通信したデータ量が30GB未満の場合は、データ量に基づいた請求ではなく、月額基本料(2,178円)の請求となります。

上限設定は、基本料金以上のデータ容量を利用するための上限設定で、データ容量の上限値を越えた場合は、低速度での通信となります。

あらかじめ設定した上限までは、利用したデータ容量に応じて、1GB/220円でチャージされます。

hachico
hachico

データ超過後の追加チャージ料金も他社と比べると断然安いです。他社は550円で1GBチャージできるのに対して、日本通信SIMは220円で1GBチャージ可能です。

安く利用できると人気を集めている楽天モバイルも、使ったデータ容量に応じて料金が変動しますが、データ容量の上限設定をすることはできません。

3GBまでなら1,078円(税込)で利用できるからと契約し子供にスマホを持たせ、いざ請求を確認してみると20GB以上使っていて、3,278円(税込)の請求がきた、なんてこともあります。


データ容量の上限設定ができるなら、子供がうっかり使いすぎることも防止できますし、毎月の請求もある程度コントロールすることも可能なので安心して持たせることができます。

端末は家族のお古や中古品などを利用

日本通信SIMは、SIMのみの販売のため、端末は自分で用意する必要があります。

使っていない家族のお古の端末や、中古品やリユース品を購入して用意すると安く済ませることができます。

我が家のスマホ事情

我が家は、家族全員が違うキャリアで契約しています。

1番上の子供にはauのキッズ携帯を持たせており、新たに2番目の子供にもキッズ携帯を持たせるつもりでいました。

1番上の子供のキッズ携帯も4年以上利用しているので、電池の減りも早く、買い替えも同時に検討していました。

しかし、料金的な面で検討してみると、日本通信SIMでスマホを持たせた方が、安く利用できるため日本通信SIMでスマホを持たせることにしました。

キッズ携帯を2台持たせた場合の料金よりも、2台とも日本通信SIMでスマホを持たせる方が、707円も安く利用することができたんです。

変更前の料金3,586円に+30円で、子供2人にスマホを持たせることができ、今までと変わりない料金で、子供2人にスマホを持たせることが可能になりました。

変更前キッズ携帯2台持たせた場合キッズスマホ持たせた場合
UQモバイル(UQ親子応援割)
1,958円
UQモバイル(UQ親子応援割)
1,958円
変更なし
楽天モバイル(~3GB)
1,078円
楽天モバイル(~3GB)
1,078円
変更なし
子供①au(mamorino5)
550円
au(mamorino5)
550円
日本通信SIM
290円
子供②利用なしau(mamorino5)
737円
日本通信SIM
290円
家族合計金額3,586円~4,323円~3,616円

端末は、利用していない親のお古を利用させ、Googleの「Family Link」で機能制限やGPS検索を活用しています。

連絡が取れることと、GPSで居場所の検索ができれば問題ないので、基本的には動画視聴やアプリの利用は許可していません。

キッズ携帯を断念した理由|auキッズ携帯の料金プラン737円に値上がり

auのキッズ携帯はmamorino5を利用しており、1番上の子供の契約当時は、「2年契約N」という割引があり、2年契約をすれば、月額550円で利用できるという内容でした。

しかし、現在では「2年契約N」は終了しており、代わりに「auPAYお支払い割」という割引で、auPAYカードで支払いすれば月額550円となり、それ以外なら月額707円で利用するという内容に変更されています。

我が家ではauPAYカードを保有しておらず、新たにauPAYカードを作成する予定もないので月額707円で契約することになります。

さらに、auのキッズ携帯には無料通話が付いていないため、電話の発信やSNS送信料は利用した分だけ請求されるため、毎月550円というわけにはいきません。

家族への通話は、いつも親が折り返し電話をしているため、通話料金は発生していませんが、友達との通話や、GPS検索の際のSNS送信料で毎月600円~900円程度の請求になっています。

2番目の子供にも、キッズ携帯を持たせると、同じような使い方になるので、1,000円程度の請求になると予想されます。

そこで、もっと安く利用できる方法はないかと検討した結果、日本通信SIMが我が家の利用内容に適したもっとも安い料金だったんです。

子供の携帯で重視したポイント
・連絡用とGPS検索で居場所の確認がしたい
・スマホを持たせても動画やアプリを自由に利用させたくない
・1,000円以下で安く利用できるキャリアを希望

まとめ

日本通信SIMの月額290円でスマホが持てる「合理的プラン」は、料金面でとってもおトクで魅力的ですよね。

子供の安全のために、連絡が取れるようにと、キッズ携帯やスマホを持たせる家庭も多くなりました。

キッズ携帯は、月額550円程度で利用できることが一般的ですが、キッズ携帯よりも安く利用できるスマホがあれば、LINEなども利用できるスマホを持たせた方が便利なのではないでしょうか。

子供に安くスマホ持たせたい、低容量プランでは足りない10GB以下の利用の方に、日本通信SIMはおすすめです。

-通信料